カーボン・バイク購入リポート

きっと期待している方もいると思うので
やはりリポートせぬばなるまい…。

土曜日の午後、行ってまいしましたTri-Zone
先週オーナーのJeffとBike Fittingの予約をしておりまして
生まれて初めてのFittingなるものを体験しました。

予約は午後3時だったので時間きっちりに到着。
お店はセール中だったようでお店の外にはバイクやウェアが並んでいました。
JeffはいませんでしたがGaylaさんという女性がfittingしてくれました。

これがRETÜL SYSTEMです。
身体の関節部にマーキングを付け、ペダルをこぐフォームを
反対側に設置した3Dカメラで読み取るのです。

サドルやハンドルはミリ単位で動かせるので、この機械があれば
いちいちバイクから降りて高さを調節しなくても
乗ったまま各部の調節が可能になるという仕組みなのです。

しかも記録したデータからTT, Tri, MTB, Roadと目的にあった適切な
サイズを割り出してくれるらしい。
特にトライアスロンでは膝の角度、腰骨の角度、腕の角度が重要になるので
かなり細かく調整してベストスポットを見つけ出す事が可能。

結局3時に来店して、全て終ったのが5時45分。
外に出て走ってみるか?と聞かれたのですが
6時閉店なので辞退し、数週間後にアジャストメントに来る事にしました。

いままでのバイクとは全く違ったポジションなので
違和感たっぷりでしたが、トライアスロンで重要なのは
バイクの後のランのために脚の筋力を温存して走る。
その為の乗り方を覚えないといけないということなんですね。

データからお店がお勧めしてくれたのはFelt B16, QR Seduza, Cannondale Slice 5
僕が選択したのはQR Seduzaでした!

調整可能部分の多さ、価格とパーツのバランスが一番よかったSeduzaを選びました。
この値段帯で、ほとんどのパーツがUltegraでBar-end shifterがDura Ace、
ハンドルバーがProfile T2 Wing + Profile T3なんてのはありません。
対してSlice 5なんて値段は同じくらいなのにコンポは105です。

メカニックのLouisが「QRは良心的なバイクを作るよ。
自分はメカニックだから調整しやすくて壊れにくいバイクがわかる。
俺は有名メーカーのステッカーごときに金は払いたくない。」
ってどこのブランドのこと?
Tri-Zoneが扱わないブランドのことかなぁ?

良いバイクと売れるバイクは違うしなぁ…。
これはレースに出るとわかります。
バイク・ラックに並んだバイクのブランドで某社はかなりの割合を占めます。
Quintana Rooはトライアスロンに特化しているせいか、かなりマイナーな存在ですよね。
T1で自分のバイクを直ぐに見つけられるっていう利点はあるかも?

気になるお値段ですが、定価$2,300のバイクを
税込みで$1,999にしていただきました。
やはりJimmyさんの名前を出したのが功をなしたのか?
ありがとうJimmyさん!さすが有名人!

さて週末は前のバイクから移せる部品を乗せ換えて
アルミバイクを売る準備をしなくてはなりません。
トレーニングで乗る時間はあるのか自分?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

カーボン・バイク購入リポート」への5件のフィードバック

  1. いい買い物をしましたね。トライゾーンは良心的な店なので大好きです。ライドレポート待ってまーす。

    いいね

    • Jimmyさん
      たしかにTri-Zoneのスタッフって正直者が多いかも?
      ライドリポートもしたいのですが、Water bottleのケージを買い替えないといけなくなりました。Seduzaを最初に見た時からわかっていたのですが、週末今までのケージを付け替えたら今までのボトルが入らない。

      このチャンスにエアロバーにつける水タンクキットも買おうかと検討中。
      また出費だぁ…。

      いいね

  2. Akiraさん、TriバイクGet!やりましたね。税込みで$1999とはGood Dealですね。私なんか、B16を定価($2199)+TAXで買っていますから。今度、是非一緒にバイクライドしましょう。RETUL SYSTEMでのFittingも込みの値段だったら、なおさらスゴイ。私もBG FITやRETUL SYSTEMのFittingをやってみたいのですがねぇ。今度お店に行ったときにでも、値段を聞いておいてもらえますでしょうか?

    いいね

    • masaさん、Hiroshiさん、早速コメントありがとうございます。m(_ _)m
      なんとか予算内におさまりました。
      大蔵大臣からも苦情はありませんでした。
      ひょっとしてもっと使って良かったのか?と思ったりして…。

      この値段はRETÜL SYSTEMの料金込みです。
      Tri-Zoneでバイクを購入する場合はバイクの購入価格に含まれるそうです。
      ちなみにFittingのみだと$175でやってくれるそうです。
      このデータを他のショップに持って行って
      バイクを選ぶこともオーケーとのこと。

      fittingの際には自分が使うハンドル、サドル、ペダル、シューズが必要です。
      新車の場合は一般的なパーツで代用されます。
      僕はペダルとシューズだけ持って行きました。

      今回の場合$2,300のバイクが$1,999になりましたが
      tax: -$143.78
      fitting: -$175
      本体価格$1,680ということになります。
      $620の値引き!これってすごくない?

      実はTriathlon LABで2011年モデルのSeduzaが
      $1,699でクリアランスセールになっていました。
      ちょっと心が揺れていたのですが、コンポが一部105だったのです。
      買わなくて良かったぁ。

      バイクライドお伴したいのですが、とにかく練習不足なので
      もうしばらくお時間をください。
      もうこれで記録が伸びない理由をバイクのせいに出来なくなりました。/(^_^;

      いいね

  3. Akira さん、SEDUZAご購入おめでとうございます! 価格も予算内で、文章から満足感がヒシヒシと感じられます。じっくり乗り込んだ頃にインプレお願いします。

    いいね

コメントは受け付けていません。