New Bike

先週末Tri-Zoneへ行きバイクを試乗してみました。
試してみたのはFelt B16、Quintana Roo Seduzaの二台。
金額的にカーボンではこのクラスしか買えないのと、
フレームとコンポの総合的なバランスを考えてこの二台に絞り込みました。
時間が無かったので試乗のみ、購入まではいきませんでした。

インプレはどちらもとても良かったです。
正直言ってどちらでも速くなりそうな気がします。(気分だけね…)
今回重要だったのは、他のバイクに試乗してみて
今まで自分が乗っていたバイクに対する妙な違和感の原因がわかったことなのです。

これは現在のバイクとQR Seduzaの写真を重ねたものですが
赤くみえるのがSeduzaです。
タイヤのサイズが同じなのでそれを基準に合わせてみました。

今のバイクは以前から普通のポジションでもエアロポジションでも
ハンドルがえらく遠く感じていたのです。
ロードバイクにも乗ったことが無かったので
「単に慣れのせいなのか?」と思っていたのですが
こうして見ると現在のバイクはトップチューブが長いので
Seduzaに比べるとシートからハンドルが一インチ程度遠いのです。

エアロポジションになっても上半身がのびきっていて
ペダルにも力が入らなかったのが納得。
他のアスリートがエアロポジションで疲労軽減していたとき
僕はかえって疲労していたわけです。

最初のバイクはオンラインで安いやつを買ったのですが
こんなに違いがあるとは夢にも思わなかった。
他のサイトでも長身な人はcerveloのをすすめしていましたが
僕の身長だとQR、Feltのジオメトリーの方が合いやすいとのこと。

ユニセックスのバイクを作っているメーカーも多いのですが
TTバイクは男女別になっているのも納得できます。
やはりバイクはちゃんと体にフィットするものを選ばないと
パフォーマンスに影響するのだと再確認しました。

さて週末は最終フィッティングをおこない
自分の体型がどちらのバイクに合うのか
どのサイズが良いのか決定します。

本日の体重:80.35kg(177.14パウンド)
昨日のトレ:バイク30分、上半身筋トレ30分

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

New Bike」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: L.A. Triathlon – バイク篇 | LA雑想便り

  2. 楽しみですなあ。ちなみに僕はラッキーだったのでしょう。昔トップチューブの長さだけを基準にフレームを買ってひとつひとつパーツを付けて組み立てたトライアスロンバイクが身体にピタッと合いました。シート、ハンドルバー、ホイール等は後々に変える事になるつもりでいた方がいいかもしれませんね。

    いいね

    • Jimmyさん
      そ、そんな恐ろしいこと言わんといてください。汗
      サドルだけは交換しますが、しばらくはストックのまま乗るつもりです。

      Felt B16のウォーターボトルについてですが、Jeffに質問したところ
      「空気抵抗を下げる為にダウンチューブを薄くしたのでボルトをつける場所が無くなったんじゃないか?」という説明でした。

      しかし、僕は「ここまで空気抵抗を減らすデザインを作ったのに、わざわざ抵抗を増やすボトルをつけないで欲しい」というのが本音ではないかとおもいました。
      Feltのフレームはそのくらい美しいデザインです。

      最新のバイクで上級クラスになると、フレーム内に給水タンクを内蔵させたりしているので空気抵抗はかなり重要になるのでしょうね。
      僕はフレーム内から長いストローで吸い上げることの方が苦しいと思うのですが…。

      いいね

  3. うーん、難しいところですね。QR SeduzaのホイールはRS20ですか? B16のストックホイールはかなり重いです。ストックホイールをそのまま使われるつもりなら、QRの方がいいかも? DerailluerはQRは105、B16はUltegraのようですが、はっきり言ってほとんど違いはないと思います。自分にFitするのを選ばれるのが一番大事だと思います。是非、じっくり時間をかけて、試乗して下さい。私は、Cervelo P2が欲しくて、何度も試乗したのですが、結局何かしっくり来ず、B16にしました。ちょっとCerveloを扱っていた店には悪い気がしましたが、まあ、仕方ないですね。

    いいね

    • masaさん、Hiroshiさん
      先週末は野暮用で、Tri-Zoneへ着いたのが閉店50分前。
      お買い上げまでたどり着きませんでした。トホホ…。

      とにかく最初のバイクは何も知らずに買ってしまい大失敗だったので、今回は慎重に選びたいというのが大前提にあります。

      Seduzaのホイール、2012モデルはShimano R500で前後合わせて1900g。
      2011モデルはRS20で1849gなので若干重くなっています。
      スペック的にはワンランクダウンですね。
      予算が無いのでこのまま使用します。

      Derailleurは2012年から前後共にUltegraになったようです。
      B16は自社オリジナルのホイールなので重量はわかりませんね。
      総重量はB16が20.78 pounds、Seduzaは不明。

      ジオメトリーの違いで乗り心地が全然違うのが大きな発見でした。
      Seduzaはアジャストできる部分が多いので細かな調整が可能。
      自分が納得出来るまで粘ってみます。

      いいね

  4. Akiraさん、盛り上がってきましたねぇ、、、私は実走試乗は殆どなしで、固定ローラー台でセッティングしてもらい、待ちきれずにお買い上げでした。今週末の続編お買い物レポ楽しみにしています。

    いいね

コメントは受け付けていません。