ぼーず

ひさしぶりのダイブ日。
いつものポイントへ行くとすでに顔なじみのダイバーが集合。
早速、準備開始!

先輩ダイバーのテリーさんが遠いポイントで潜るというので同行させていただく。
岩場をフル装備の状態で20分以上行軍。
汗がしたたる、岩が脚の裏にくい込む。
なんたる難行苦行なんでしょうか、ダイビングって。

潜ってみておどろきました。
いつも自分が潜っているポイントって底が細かい砂なので
ちょっとでも波があると、まるで粉雪が舞うように視界が悪くなるのですが
このポイントは濁らない。
どうやら砂地が大きな砂なので舞い上がらないらしい。

しかも3パウンドクラスのエビがけっこういるのです。
ただし、問題は岩の形が複雑でエビが隠れやすい。
全然つかませてくれません。
ツノサメと共棲しているエビもいるので
うっかり手を出すとサメにぶつかってしまう。
ウツボよりもましか…。

魚影が濃いので釣り人などもちらほらみえました。
水中銃やモリでも楽しめそうです。

あたらしいポイントだったので獲物はあきらめていたのですが
今期初めてのボーズでした。
でも収穫は大きかったと思います。

ボチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

広告