逃がした魚(海老)は大きい

週末は雑務でつぶれ、日曜日の夜ようやくダイブに出発。
結果は5匹ですが、一匹巨大な奴を逃がしました。
昨夜は4匹を獲ったところでエアが少なくなったので岸を目指して泳いでいました。
すると岸から5メートルくらいの岩の間に巨大なエビを発見。

普通のエビの4倍くらいの大きさに見えました。
「水の中なので大きく見えるのかも?」と思い
右手にライト、左手で手を伸ばしたのです。
ところが開いた手の親指から小指までが頭の部分の幅と同じで
掴む事が出来ませんでした。
奴は僕の手を振りほどいて逃走、手の中には触覚が一本残っていました。
ライトを置いて両手で獲りにいけば良かったと後悔しましたが後のまつり。

その後ライト以外の装備を岸に置いて
素潜りで30分ほど奴の姿を探しましたが見つける事が出来ませんでした。
他のサイトを見ましたが、どうやら9パウンドくらいのエビが
僕の取り逃がしたサイズと同じらしいです。
ちなみに9パウンドのエビはこんな感じです。
9パウンド・ロブスター

Frickerからの無断転用です。
僕はこの方とは面識ありませんので、あしからず。

奴を探しながら5匹目の「標準サイズ」のエビをゲット。
この時期巨大エビが浅瀬に来ているらしいのです。
昨夜は悔しくて夢に巨大エビが出来てきました。
あんなエビを見るとますますエビ漁にハマりそうです。

ちなみに二匹はお隣に差し上げ、二匹はお刺身でいただき
残りの一匹は下処理をして冷凍。
三匹分の頭の部分でだしをとり、トムヤムスープにいたしました。
今年のエビ漁シーズンは3月の中旬までです。
あと何匹撃墜できるのか?

ボチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

広告