Zuma最終トレーニング

9/10土曜日はZuma Beachでのスイムクリニックに参加。
いつもは30分前に着くのだが、寝坊したせいでギリギリでZumaに到着。
路駐は満杯で仕方なく10ドル払って駐車場へ停める。

僕ら意外にも50人くらいのグループがいくつか集まっている。
例年の光景ですが、ビーチに黒いウエットスーツの
群衆が集まっているのはちょっと不思議な光景。
ライフガードもかなりの数が海で待機している。

Kaiserのスイムクリニックの参加者は先週まで50人くらい
だったのに今回は80人くらいが参加。
参加者のレベル合わせ3につのグループに分かれて海に入る。

レース一週間前なのでオリンピックディスタンスを
2回のリグープを含めて泳ぐ。
水温は60°Fで快適なので寒さは感じないが波が高い。
波間を泳ぎながら半身が宙に浮く感じ。
コースを泳ぎきった後ひとりでジョギングしながらタワー9へ戻る。

驚いたのことに次のクラスに参加する人たちがすでに集まっていた。
どうやら参加希望が多かったので9時からと10時からの
二つのグループに分けたらしい。
一週間前に一回参加したところでスイムタイムが
短縮するとは思えないが、初めての人も多いらしく
新品のトライアスロン用ウエットスーツが目立つ。

バイクを準備していると雨が降り始めた。
天気予報では一時的に雷雨とのことだった。
Mt. Muguの頂上は霧に隠れていた。
雨が小降りになるのを待って走り出す。

レースコースだけを走るつもりだったけれど数マイル先の
お気に入りのビーチを見たくてさらに走る。
ところが帰路で雷雨につかまる。
雷がかなり近い場所でバリバリと音をたてる。
大粒の雨がサングラスにあたる。
レース当日がこんなふうにならないことを祈りつつひたすらペダルをまわす。

数分後ようやく雨雲を抜けたと思ったら
小石をリムで踏んでフロントタイヤをパンクしてしまう。
Zumaは海岸線で山側から落ちてきた小石が多い。
路面の状態を確認しながら走らなくてはならない。

これもトレーニングのうちと路肩で修理を始めると
数人のトライアスリートからAre you alright?と声をかけられる。
こんな時はありがたいなぁと思う。

初めてCo2カートリッジを使ってのパンク修理。
こんなことが無かったら使い方を間違ったかもしれないので
「人間万事塞翁が馬」と考えることにする。

30マイルほどを走って車までもどり
今度はランニングシューズに変えて走り出す。
レースと同じようにソックスを履かずに走ったのだが
これでOcean sideと同じように靴ズレで水ぶくれができる。
レースまで一週間、ここで悪化させては意味が無いので
最後の2マイルを裸足になって砂浜を走ることにする。

予定より1時間遅くトレーニング終了。
朝は満杯だった路駐も駐車場も僕の車以外はほとんど無くなった。
一週間前にフルコースを雨の中やる馬鹿はいないということか?
Malibu TriとLA Triが続くスケジュールを考えると仕方がない。
あと2週間頑張る。

ボタン一押し、サポートお願いしまっす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告