9/11

Zuma Beachへの途中にPepperdine Universityがある。
今年も大学の敷地内に3000本弱の星条旗が並んだ。
これは9/11の同時多発テロで亡くなった被害者の人数だそうだ。

アメリカでは一日中追悼番組が放送された。
アメリカ国民がどれだけこのテロによって人生を変えられたのか。
また90年代のクリントン政権時代に栄華を誇ったアメリカが
この事件をきっかけに揺れ動いたのではないだろうか。

過去数十年に渡るアメリカの中東油田の利権をめぐる
ブッシュ家とピンラデン家のつながり
さらには米政府とアルカイダの醜い関係をあぶり出した。

当時様々なテレビ局でツインタワーが炎上する映像が流されたが
被害者や若年層への影響を考慮して放送が自粛された。
しかし、今年はNBCが特別番組として
事件当時のツインタワーで消防士を取材していた
ドキュメンタリー映画の映像を放映していた。

日本で放映されるのかわからないが、10年前の悲劇の現場が
生々しく映し出され、当時の胃がむかつくような感じが思い出された。

まだ事件は終わっていない。
当時ツインタワー崩壊後の救助活動にかかわった人々たちの中には
毒物を含んだ粉塵を吸ったことが原因で、肺気腫や肺がんなどに冒されいるのだ。

グランドゼロの再建が始まっても
アメリカの再建にはまだ遠い道のりだ。
テロからの攻撃に武力で対応したブッシュ政権の尻拭いをしている限り
国内へのテコ入れに余裕は無い。
そして世論はオバマを選んだことを失敗だと思い始めている。

2012年大統領選挙。
強いアメリカを求めるのか、
賢いアメリカを求めるのか。
その選択は国民にあることを9/11に考えた。

ボチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

広告

9/11」への2件のフィードバック

  1. 未曾有の出来事に対して、人間は万全に対処は出来ないものなんですね。

    9/11に関して言えばWTCに旅客機が衝突するという事故は想定外だったわけです。WTCは以前にも爆弾を積んだ車がグランドフロアに突っ込んで爆発というテロ行為にもゆるがなかった。火災の場合にはスプリンクラーや消防隊が使えるリフトが必ず確保されている「はずだった」。ましてや高温で焼かれたことによって発生する有害物質など想定できなかった。

    福島の原発に関しては「想定はしていた」けれど、自然はさらに予想を超える大きさで原子炉を襲った。しかし福島で問題だったのは、もともと政府はメルトダウンはあり得ないという根拠の無い確信を使って住民達を騙していたのです。そして住民のみならず、現場の作業者達の健康も考えず放射線の許容値を自分たちの都合の良いように変えている。そしてその責任は誰もとらない。政治家が任期中に行なった政治行為についてはその刑事責任は問われないのです。

    ブッシュは殺人示唆罪、虚偽罪、テロ行為で告訴出来ない。
    管も業務上過失致死、虚偽罪で罪は問われない。

    だからこそ国民は政治を監視しなくてはならない。
    嘘つきで虚栄心の固まりの政治家を追放しなくては国は良くならないんですね。

    いいね

  2. 私も昨日のNBCのドキュメンタリーを見ました。私は9/11の時はアメリカに居ましたが、このドキュメンタリーは日本で見ました。
    消防士の人達が粉塵の中で、政府の‘大気は汚染されていない’との情報からマスクも付けずに作業した事で、健康被害が出ている事は知りませんでした。

    なんだか、現在の日本の状況に似ていますよね。日本政府が‘放射能汚染の被害は少ない’と発表していても、10年後にどんな影響が出てくるか測り知れません。

    いいね

コメントは受け付けていません。