パンクの呪い

先週の金曜日にIronman Oceanside 70.3の正式なレース説明が送られてきました。
最近はダイビングの話ししかブログってませんでしたが
ちゃんとリキを入れて練習せねば!ってことで
土曜日はちょー寒い中、屋外プールで400mx4セットをこなしました。
ここのところ全然泳げていなかったので、すっかり肉が落ちていたらしく
午後は眠くてかないませんでした。

日曜日はクソ寒いのに7時から50 miles バイク・ライド+10 milesランの
ブリックトレーニングを敢行。
コースはLA River BikewayとPVのレーダータワーまでの上り坂を予定。

朝7時にCarsonにある公園でランディと待ち合わせ。
ところがラテン系は時間にルーズで約束を守らない。
結局来ないのでひとりで走りだしたのですが、寒すぎて指先が凍る!
遠くに見える山は全て雪の白い帽子をかぶってみえます。

LA River Bikewayは初めて走ったのですが
アスファルトをうちなおしたらしくすごく走りやすい。
かなりのサイクリストが走っていました。
ところがここで最初のパンク。
予備のチューブに変えて走り出したのですが
3マイルも行かないうちに二度目のパンク。

がーん!もう交換するチューブが無い。
仕方なくテクテクともと来た道を歩き出したのです。
こんな時白人サイクリストはまったくの無視。

声をかけてくれるのはアミーゴのおっちゃん達。
親切なメキシカン・アミーゴにチューブパッチを分けてもらって
直したのですが、このままトレーニングを続けて
パンクをしたら帰れなくなるので公園へ戻ることに決めました。

僕の予感は的中して、出発地点の公園の二百メートル手前で三度目のパンク。
一日に三度のパンクは初めてです。
どこかのトライアスリートのように「Fuxxing Bike!」
な〜んてバイクを地面にたたきつけるようなことはしませんでしたが
パンク対策はレースまでの課題となりました。

バイクをあきらめてラン開始。
一周5マイルのコースを2回走るつもりだったのですが
3周15マイルを2時間15分で完走。
寒いくらいの気温だったので結構楽に走れました。

さてレースまで一ヶ月です。
ネットでOceansideの近くにある安ホテルもブッキングしました。
どこまで追い込めるのかが問題ですね。

土日は寒かったけれど月曜日からは暖かくなるみたい。
OW Swimのトレーニングもやらなきゃねぇ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告