パンクの呪い

先週の金曜日にIronman Oceanside 70.3の正式なレース説明が送られてきました。
最近はダイビングの話ししかブログってませんでしたが
ちゃんとリキを入れて練習せねば!ってことで
土曜日はちょー寒い中、屋外プールで400mx4セットをこなしました。
ここのところ全然泳げていなかったので、すっかり肉が落ちていたらしく
午後は眠くてかないませんでした。

日曜日はクソ寒いのに7時から50 miles バイク・ライド+10 milesランの
ブリックトレーニングを敢行。
コースはLA River BikewayとPVのレーダータワーまでの上り坂を予定。

朝7時にCarsonにある公園でランディと待ち合わせ。
ところがラテン系は時間にルーズで約束を守らない。
結局来ないのでひとりで走りだしたのですが、寒すぎて指先が凍る!
遠くに見える山は全て雪の白い帽子をかぶってみえます。

LA River Bikewayは初めて走ったのですが
アスファルトをうちなおしたらしくすごく走りやすい。
かなりのサイクリストが走っていました。
ところがここで最初のパンク。
予備のチューブに変えて走り出したのですが
3マイルも行かないうちに二度目のパンク。

がーん!もう交換するチューブが無い。
仕方なくテクテクともと来た道を歩き出したのです。
こんな時白人サイクリストはまったくの無視。

声をかけてくれるのはアミーゴのおっちゃん達。
親切なメキシカン・アミーゴにチューブパッチを分けてもらって
直したのですが、このままトレーニングを続けて
パンクをしたら帰れなくなるので公園へ戻ることに決めました。

僕の予感は的中して、出発地点の公園の二百メートル手前で三度目のパンク。
一日に三度のパンクは初めてです。
どこかのトライアスリートのように「Fuxxing Bike!」
な〜んてバイクを地面にたたきつけるようなことはしませんでしたが
パンク対策はレースまでの課題となりました。

バイクをあきらめてラン開始。
一周5マイルのコースを2回走るつもりだったのですが
3周15マイルを2時間15分で完走。
寒いくらいの気温だったので結構楽に走れました。

さてレースまで一ヶ月です。
ネットでOceansideの近くにある安ホテルもブッキングしました。
どこまで追い込めるのかが問題ですね。

土日は寒かったけれど月曜日からは暖かくなるみたい。
OW Swimのトレーニングもやらなきゃねぇ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

ナイトダイブ

火曜日の夜は僕、師匠、先輩ダイバーの三人でナイトダイブ。
この面子でのダイブは初体験です。
仕事の後7時にいつもの崖に集合
空気は冷たいけれど風もほとんどなく空は満点の星。
波も小さく絶好のダイブコンデション!

装備をセットアップしていると、いつもなら
2250psiしか入っていないタンクに3000psiも入っている!
ショップの店員が間違えたのか、それとも大盛りサービス?
つーことはいつもより30分くらいは長く潜れる!!

崖をおりてダイブ開始。
先輩達はどんどん沖へ消えて行くが
僕は海草に巻き付かれてジタバタしながら海老探し。

いずれにせよ僕は彼らに追いつけないので
浅瀬でエビを探す事に専念。
岩の上に生えた藻でお食事中の海老をキャッチ。

その後タコ一匹を捕まえて徐々に沖へ移動。
しかし沖には小さな海老ちゃんしかいなかった。
こういう時はビギナーに不利で
海底の地形に詳しくないのでうろうろするばかり。
何度か水面に上がって陸地の目標とポイントを合わせようとするのだが
どうしてもいつもの岩が見つからない。
どこだ??

先輩達のいる辺りがライトで明るく光っているので
沖のポイントまで行こうと思ったが
タンクのエアを考えると別の浅瀬にある
馴染みの岩へ戻った方が得策と海岸線に戻る。

何度か海老を捕まえるが規定サイズではないのでリリース。
なんとか二匹目を獲ったが何とかもう一匹欲しいとウロウロ捜索。
ここでエアが1000psiを切ったので若干あせってくる。

最後は以前大きな海老を発見した岩へ行き三匹目をゲット。
その後出発点へ戻りながらも岩の隙間を見て回る。
ビーチから数メートルの浅瀬で大きな海老のカップルを発見!
ところが大きな海老ほど警戒心が強く、ライトが当たった時点ですでに逃走態勢。
手を伸ばした途端反対側の穴から逃げられて本日の漁は終了。

本日の僕の成果:海老三匹、タコ一匹
師匠:海老三匹(このうち一匹は小さかったのでリリース)
先輩ダイバー:海老三匹、かわはぎ一匹(なんと手づかみ!)

家に帰って装備を洗い、タコを下処理して全て終わったのが深夜2時でした。
昨夜は仕事で2時、今日は漁で2時。
二日連続だとシンドイわ…、会社のデスクで寝るか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

晴れのち曇り、午後雨一時晴れ夕方雨。

めまぐるしく変わる雲行きにラントレをギブアップしようかと考えましたが
土曜日の朝はSLDの日と決めているので、
万が一のためにウィンドブレーカーを用意して出発。

さすがに他に走っているランナーもまばら
いつもなら大勢のサイクリストもいるはずですが
今日はほとんど見かけませんでした。

僕も走りながらウィンドブレーカーを頻繁に脱いだり着たり
温度調節をしながら走りました。

太陽が雲に隠れると急激に気温が下がるので
トイレへ行く回数も頻繁になりがち。
今までこのコースでトイレは一カ所しかなかったのですが
今回は他に2カ所のトイレを発見。
まさに不幸中の幸い。
これからはトイレの心配をしなくても良くなりました。

2時間半のSLDの後、自宅の近くにできたLA Fitnessに行きました。
真新しいジムはきれいで広々としています。
会費も安いのですが、嫁のお気に入りのトレーナーは別のクラブなので
残念ながら入会は見送り。

しかし嫁の希望でラテンダンスのクラスを一時間体験。
サルサの基本ステップでエアロビクスとするのですが
ラテン系ダンスは腰がクネクネしなくてはならないのですが、
トレーナー以外は皆さん腰カクカク程度なのが恥ずかしい!
もうちょっとダンス感覚が良いと楽しいのでしょうが…。

とにかく雨は困り者です。
トレーニングも出来ないしダイブにも行けない。
海老も獲りに行きたいのですがこの調子だと
水も濁っていて視界が悪そうです。

ただひとつ良かったのは、体力を使わないので
以前マサさんから依頼のあったプロジェクトに専念出来そうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Palos Verdesランニングコース

週末の土曜日SLD (Slow Long Distance)のトレーニングをしている
PVのランニング・コースです。

この道はバイクレーンもあるので週末になると大勢のサイクリストも
クラブ毎にグループで走っているのを良くみかけます。

路面自体は一応舗装されていますが
かなり凸凹があり注意しないと足首を痛めます。
それに土地柄か馬に乗って散歩をしている方々もいるので
馬の落とし物もみかけます。

そんな田舎風コースですが、ユーカリの木が影をおとす
とても気持ちの良い風景が気にいってます。

ちょっと変わった信号の押しボタンを発見。
ボタンが上下にふたつ?
さすがに身長の高いアメリカ人用でしょうか
僕には手の届きそうにない場所にもボタンがあります。

な〜んてね。
嘘です。
実は上のボタンは乗馬用のボタンです。
馬上から歩行者用ボタンを押せるように高い位置に設置されています。
 自宅に馬がいるなんて、さすがわアメリカです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

新サドル使用

日曜日は久しぶりにバイクトレでした。
新しいサドルにして初めてのライドなので
いろいろ感じたことを書いておきます。

コースはいつものPV周回コース+レーダー基地までの上り坂
合計34マイル2時間半。

新しいサドルの使用感は「涼しい」です。
サドルの中央にベンチレーション用の穴が開いているので
冷たい空気が流れ込みます。

股間にあたっている部分がゲル状(っぽい素材)なので
痛みや違和感も少ない。

ただし、ソフトな分サドルの高さをあげないと
ベストなペダリングが出来ませんでした。
今回は工具を持っていなかったので調節ができず、かなり脚がきつい感じでした。

下肢の麻痺感も無く久しぶりのライドは気持ち良かった。
午前中は天候も良かったので沢山のサイクリストがPVを走っていました。

いつもはジムの固定バイクばかりなので
実際の道路でのトレーニングが不可欠だと実感いたしました。

今週末の3連休はレースコースでのトレーニングを予定していましたが
水曜日から土曜日まで雨らしいので延期かなぁ。
こんな調子でOceansideは大丈夫なのか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

減圧症?

ここ数日体調の変化があって「すわ潜水病か?」と疑っていたのです。
正式には「減圧症」と言うらしいのですが
ネットで調べた症状とかなり近いので
「減圧治療を受けないとヤバい」と心配していました。

肺にダメージを受けて血を吐いて倒れるという
重症な減圧症ではなく、ジワジワと神経を蝕む減圧症もあるので、
浅い深度でも注意が必要なのです。

DAN (Divers Alert Network)という団体がありまして
emailで症状を伝えて近くの専門医を紹介して欲しいとメールしたところ
「減圧症はダイブしてから48時間以内に発症するので
君の場合はそれに該当しない。普通の医師に看てもらいなさい。」
と返事がきました。

正直ホッとしました。(~。~;)~
結構ダイビングの楽しい部分がわかってきたのに
減圧治療を受けると数ヶ月は水に入れません。

しかも神経系統が損傷したり、骨が壊疽をおこすと
脱力感や四肢に力が入らないということにもなりうるのです。
そうなるとトライアスロンどころではありません。

やはり危険なスポーツだなぁと再確認。
危険だから楽しいのか?
普通の生活からかけ離れた世界を楽しむって覚悟が必要なんですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

えび〜な日々

波予報をみるとベタな感じでダイブにはもってこいな天気が数日続いている。
水曜日あたりから潜りたくて仕方ない。
やばい禁断症状だ!
て、手がふるえてレギュレーターをくわえたくなる〜。

ということで金曜日の夜友人を誘ってナイトダイブを予定。
ところが当日友人がドタキャン
結局ひとりで初めてのポイントでのナイトダイブ。
よいこのみなさんはこんな危険なダイブはしてはいけません!

ダイブ経験10回程度のダイバーが真っ暗闇の海にひとりで潜るなんてアホです。
恐いけれど夜の海ってどんなんだろう?って好奇心の方がつよいわたしです。

夜の海はとにかく面白い!
魚が海の中で寝ているのを初めてみました。
ネコザメとか岩穴の奥で寝ているんですよ〜。
「かわいい〜♡」って水中マスクの中でいっちゃいましたもん。

昼間なら岩の隙間に潜んでいるロブスターも
海藻を食べに穴から出てきているし、完璧に油断しています。
ということでロビスター三匹、カニ一匹、ウニ一個ゲットしました。
海老獲りはやはり夜ですなぁ。

ロブスター一匹を刺身におろし、カニを茹でて、ウニは生でいただきました。
残りの海老は冷凍に。
結局寝たのが午前1時半。

翌日もお昼過ぎから出撃。
違うポイントでウニ六個と海老一匹をゲット。

ウニは蒸しウニ、海老はスープにいたしました。
カリフォルニアの海の幸に感謝!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村