48歳からの手習い

先週からスペイン語の授業が始まりました。
最初はアルファベットのスペイン語式発声法を学びました。
スペイン語の母音は5つしか無いので結構日本人にはやさしいと思う。

会社では7割以上が英語とスペイン語のバイリンガルなのですが
彼らが話している言語を気にしたことが無いので
授業で教わって初めて「ああ、そう言っていたのか」って感じです。

とにかく年なので記憶力や理解力が鈍い。
もともと語学は苦手なのですが、この年で新しい言語はかなりしんどい!
英語圏で20年暮らしているので頭の中で日本語→英語という変換を
することはなくなったと思っていたのですが
授業はスペイン語を英語で学んでいるのでなぜか簡単な言葉が出てこない。

日本語→英語→スペイン語というふうに二重に変換をしている感じ。
講師が英語で説明してくれるのですが、知らない単語が出ると
自然に日本語で考えてしまうからなのでしょう。
90分の授業が終るとヘロヘロです。

会社の同僚には「ここまで教わったからスペイン語で話してかけてね」
と頼んで、基本的な挨拶などはスペイン語でやるようにしています。
英語も「習うより慣れろ」で習得したので
スペイン語も同じ要領で頑張ってみます。

ちなみに親がメキシコや中南米出身だと、家ではスペイン語
仕事や学校では英語をつかい、中高の第二外国語のクラスで
スペイン語かフランス語を学ぶそうなので
トライリンガルも可能ということになります。
日本経済がバブルの時は日本語の選択もあったそうですが
今は教える学校が少ないと同僚が教えてくれました。

日本だと在日中国人や在日韓国人を除けば、
家では日本語しか使わないし、中高で英語を学んでも使う場所が無い。
これでは外国語を習得しろというのが無理。
特に僕らの時代では街にいる外国人なんてモルモン教の宣教師しかいなかったもの。

ちなみに英語、スペイン語、中国語、ロシア語、フランス語、アラビア語が世界の公用語らしい。
う〜ん、ロシア語やアラビア語は無理だと思うが
スペイン語と中国語はなんとか習得したい。
中国語は時間がかかりそうなのでリタイアしてからかな。
とにかく次の授業までに作文の宿題をすませなきゃ。
48歳で宿題か…。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

広告