義理の息子の願い

ここ数週間ほとんどアップしていませんが、前記のように義母が滞在しておりまして

毎週末どこかへお出かけです。

July 4thはSycamore Springs Resort and Spaなるところへ行ってきました。

ここへ来るのは今回で二度目なのですが、田舎のちょいとこじゃれた温泉リゾートです。

嫁は母親に温泉を楽しませてあげようと思ったらしいのですが

残念ながらお義母さんは「面倒だからシャワーでいいよ」って

お風呂には入りませんでした。

義母はあと五日間滞在するのですが

いろいろ気がついたり、考えさせられる事ばかりです。

肉体的、精神的に「老い」ることの意味や

抗うことのできない自然の法則。

人間が生きていくうえで最低限必要な「食」も

八十を越えれば咀嚼して飲み込むことも意識的にやらないとむせてしまう。

歩く事も意識的に脚をあげないとつまづいてしまう。

昨日やったことすらうろ覚えになってしまう。

老人介護って大変なんだなぁと思うと同時に

自分たちが老いていき、義母の年齢になったときに

子供のいない自分たちは「どうやって生きていこう?」と考えさせられました。

きっと今現在ご両親や祖父母と暮らしていらっしゃる方々は

わたしが数週間経験したことを毎日経験しているのでしょうね。

願わくば今回の旅行が義母にとって楽しい思い出となって欲しい。

自分は良い「義理の息子」「娘の夫」では無かっただろうけれど

それでも義母にとっては楽しい思い出の一つになって

欲しいと身勝手な願いをするばかりです。

↓↓↓↓↓↓↓今日も来てくれてありがとう。応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

広告