老人と暮らすこと

現在我が家に義母が滞在しておりまして、とにかく生活のペースが狂っております。

特に週末はトレーニングが出来なくて、ちょっとストレスがたまっております。

義母は八十四歳で嫁の兄家族と東京に住んでいます。

私は十八歳で家を出た後、老人と暮らしたことが無いものですから

全てが初体験。

耳が遠いとか、記憶があやふやでどこまで分ってくれているのか。

しかも方向音痴で我が家のトイレへ行くのも

全てのドアを開けないとわからない。

たまーに実家へ帰ると実兄から

「お前はたまに帰ってきて、数日おふくろの面倒をみるだけだから

本当の老人介護の大変さはわからん」とか言われたのを思い出しました。

いや〜本当に年寄りと暮らすというのは大変です。

もちろん義母は下の世話をする必要などありませんが

食べ物や、ちょっとした外出でも目を離せません。

先週末はPalm Springsへ二泊三日で旅行したのですが

Joshua Tree National Park内で義母を見失い

周辺にいた観光客にもお願いして一時間ほど周辺を捜索したのです。

気温は100°F(37℃)を越えていて、

水もほとんど持っていなかったので本当に心配しました。

幸い無事に義母を発見することができ、

公園のレンジャーや警察の救援を求めなくてすみました。

公私ともに忙しいのでこの事件に関してはのちほど

機会があれば書きたいと思います。

老人と暮らすことって大変なんだなぁと実感。

と同時に子供のいない僕ら夫婦の老後を真剣に考える機会になりました。

義母が日本へ帰るまで後二週間です。

もう一度旅行するのですが、今度は行方不明にならないように

紐をつけるか、GPS発信装置でもつけようと思います。 ←冗談ですってば!

↓↓↓↓↓↓↓今日も来てくれてありがとう。応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

広告