微笑みと流血の国、タイ。

この写真は、たまたま訪れた街に女王様が訪問されることになって
周囲の道路を封鎖した時のもので、今回の暴動とは関係ありません。

つい数ヶ月前に旅行したバンコックが大変なことになっていて

ニュースでデモが行われている通りが映されると

自分が歩いたり写真を撮った場所だったりするわけです。

なんだか不思議な感じです。

タイ在住の友人からのメールによると

「デモ隊と鎮圧隊が中心部の道路を封鎖しているので渋滞がひどい。

繁華街が全部通行止めになっているのでデパートやホテルなどには入れない。

爆弾テロなどが発生しているので、出来るだけ繁華街を避けて生活している。」

とのことでした。

貧富の差が大きいので、低所得者層の不満が鬱積しているのでしょう。

現在の政権も選挙で勝利した政権ではないというのも大きいらしい。

どこの国もいろいろ問題を抱えているのは同じで

鳩○首相も無能・無策が発覚し、迷走を続けている。

かの国でタイのようなクーデターが起こるとは思えないが

つくづく日本人は辛抱強い民族だと感心するばかりだ。

↓↓↓↓↓↓↓今日も来てくれてありがとう。応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

広告