日本で「群れのセオリー」は働くのか?

2007年7月号のナショナルジオグラフィック誌

「群れのセオリー」

「群集が賢くなるのは、あくまで一人ひとりが責任を持って行動し、

自分で決断を下す場合だけだ。構成員がお互いのまねをしたり、

流行に安易に流されたり、誰かが動きだすのを待っているようでは、その集団は賢くなれない。

集団が知性を発揮するには、個体がそれぞれの役割をきちんと果たさなくてはならない。

このビンを1本リサイクルしたところで、地球環境への負担が本当に減るのだろうか?

そんな疑問を抱く人には、集合知の真実を伝えよう。

結果はわからなくても、とにかく行動することが重要なのだと。」

たまたま仕事が暇なのでネットをうろついていたら

ナショナルジオグラフィック誌のこの過去の記事が目に止まった。

教育を受けていない群集は愚衆でしかない。

それは共産国家という大きな群集から、近所の集会でも同じだろう。

愚かなリーダーについていかなくてはならない民衆は哀れでしかない。

はたして愚衆が賢くなることは可能なのか?

「一人ひとりが責任を持って行動し、自分で決断を下す」

などという組織が存在するのだろうか?

サラリーマン人生も28年を越えたし

ボランティアをやっている団体でも20年ほどすごした。

何かの本で「どんなに成功した組織でも、

古くなればなるほど腐敗していくものだ。」と読んだ事がある。

つまり新しい血を入れなければ伝統ばかりを重んじて

考え方が古くなり、新しい時代に対応した製品やサービスを提供出来なくなる。

また長年同じ会社に入れば自分のやり方に固執し

効率を無視したしきたりだけの行動を強要する人間が増えてくる。

そうなると日本的に言えば「出る杭は打たれる」

打たれた杭は志を曲げるか、最初の志を忘れるようになり

「長いものには巻かれろ」

「寄らば大樹の陰」

という気持ちになるだろう。

ではどうするか?

当然一人ひとりに責任を持たせる事が必要だろう。

失敗を許す、または許されるだけの余裕も必要だ。

失敗してもそこから学びやりなおすことが出来たならば

自分の責任をまっとうする勇気を育てる事ができるのじゃないか?

自分も含めて日本人は失敗を恐れる。

すべてが完璧でなければならないし、近年は失敗をすることも許されない状況だ。

完璧主義の善し悪しは別として、このままでは人間が小さくなってしまう。

また、他人の失敗を許せる自分になる必要もある。

愚衆が賢い群集になるためには、強く正しい指導者が必要で、

そのリーダーが個々の自覚や勇気を教育してこそ

群集が賢くなるチャンスがあるんじゃないか?

さて日本のニュースをみると、現内閣のぶざまな体制が露呈しているようだ。

日本国民は50年続いた自民党政権を見捨てて民主党を選んだ。

だがよく考えてみてほしい、小沢、管、鳩山は全て元自民党だったんじゃないか?

この愚かな政治家どもを選んだ国民は、

家のテレビで国会中継を見ながら愚痴をついているだろう。

もちろんそんな酔狂な人がいればの話しだが…。

はたして「愚か」なのはこいつらなのか?

それともこいつらを選んだ群衆こそが愚衆だったのではないのか?

「政治を監視せよ」

国民一人ひとりが政治に参加する、意見を持てるようにならなければ、

賢い選択は出来ないんじゃないのか?

広告

Friendship Park

1/23 Saturday

ひっさしぶりに晴れましたねぇ。

つーことでRunです。

お気に入りのFriendship Parkに行きました。

前日深夜2時半までネットで遊んでいたので、ちょいと体調悪し。

遠くのお山は雪で覆われていました。

これがFriendship Parkの入り口の看板。

Google Mapで見ると結構な大きさなんですよね。

今朝は長雨の為かなり土がやわらかく、滑りやすいので

コンクリートの上だけを走る事にしました。


マップおよび距離計算 Sport distance calculator

1:45 Hr 6.29 Mile (10.12 Km)

↓↓↓↓↓↓↓今日も見に来てくれてありがとう!応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

ハイテクの象徴

古い話しで申し訳ないのだが、いつか書きたいと思っていたことがあるので

ちょいとおつきあいをお願いしたい。

大した話しじゃないので、いつものように流してね。


昨年帰省した際にいつものように秋葉に行った。

しかし、秋葉は既にアニメの街と化していたし

自分が欲しいと思っていた電化製品も秋葉で買う必要はどこにもなかった。


たまたま銀座へ行き、昔職場のあった辺りを歩きながら街の姿が様変わりしていたのに驚いた。

新橋にさしかかったところで駅前にでかい電気屋が出現した。

思い出そうとしても、昔その場所に何があったのか思い出せなかった。

一通り店内を見て回ってトイレに入った。







一瞬ボタンの多さに驚いた!(〇o〇;))))!!

ここには映っていないが実は写真の左側にも手を乾燥させるための装置があったのだ。

「ココハ ウチュウセン ノ トイレ デスカ?」

ここアメリカにも数は少ないが洗浄トイレを売る会社も出てきた。

日本を旅行したアメリカ人が旅先で洗浄トイレを体験し、その快適さに驚いたと聞いた事がある。

しかし、このトイレの壁にあるボタンは何なのさ?

よ〜く見ると以前付けた便座のリモコンと

新型の便座のリモコンが同居しているのだ。

多分古いリモコンをはずすのが面倒だったのか、それとも壁に穴が開いていたのか。

いずれにせよ、ハイテクと快適性を売り物とする電化製品を売る会社としては

この状況はいかがなものか?

帰省すると兄の家に厄介になるのだが、兄の家のトイレもモーションセンサーが付いていて、

人がトイレに入って来ると便座のふたが開くのだ。

しかもトイレの中には紫外線を出すライトがついていて雑菌を殺すらしい。

なんともすごいものである。

そのうち用便をすましたら、優しい女性アナウンサーの声で

「お洗いしてもよろしいでしょうか?」Σ(ノ°▽°)ノ

と聞かれたりするのだろうか?

お湯が出ている時に

「どこかかゆいところはありませんか?」とか ヾ(>y<;)ノ

温風が吹いてきて

「おしり熱くありませんか?」と聞かれたりするのじゃないか? ..・ヾ(。><)

まったくもって、輝かしいハイテクの未来像である。

↓↓↓↓↓↓↓今日も来てくれてありがとう。応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

ブログは禁句

いかんなぁ…全然更新してないじゃん。

仕事のちょっとした合間に自分のブログの更新や

他のブログを閲覧していたのですが

休み明けからサーバーにアクセスできなかったり

IP電話がつながらなかったり、様子がおかしい。

うわさではどうも原因はコンピュータウィルスだったらしい。

おかげでアドレスにblogという文字が入っているとアスセス出来なくなった。

しかもiTuneからpod radioも聞けない。

昔の会社ではP2Pでファイルを落としている不届き者がいたが

ちゃんとITが管理しているような会社なら

誰がどこのサイトを見ているのか知る事も可能。

どこかオツムのねじが緩んでいるのか

それともそんなハイテクなことは知らないのか

迷惑な話であります。

↓↓↓↓↓↓↓ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

エビ獲りあきらめて、坂道トレの日

今日は完璧に天候を読み間違えました!!!

ガ━━(´・д・`|||●)━━ン

知り合いのダイバーから前々から「ロブスター獲りに行きませんか?」とお誘いを受けおりました。

ところが今週末は3つのストームが西海岸にせまっているという天気予報。

自分はトライアスロン用のウエットスーツで

「いきなり黄金伝説」のように素潜りでエビ獲りに参加するつもりだったのあります。

ガッ、しかーし!!波や水温のことを考えて泣く泣く延期させていただいたのです。

で、16日の朝7時の空はこんな感じ。

厚い雲に覆われて、空気も寒かったので

「エビ漁延期して正解だったわ」と思っていました。v( ̄∇ ̄)

んでもって、ジムに行く事にして

朝9時のPVのジムの駐車場、まだ厚い雲があって寒かった。

これがその時の空

もうこりゃ天気が崩れなくても、結構寒いなぁって感じでしょ?

ところが長袖を着てジョギングするために外に出たら…

な、なんじゃーーーーーーー!!こりゃ!!

"o(▼皿▼メ;)o"プルプル 

どぴーかんじゃん!

日向を走ったらすげー暑いし、これならマラガに潜りに行きゃ良かった!

午後3時くらいになったらまた雲が出てきたけれど

午前中なら結構暖かだったのでは?

結局エビ獲りをあきらめて、パロスバーデスの坂道を2時間半走りやした。

距離は稼げませんでしたが、行きは延々上り坂、帰りは延々下り坂。

きっつーーーーい!ジョギングでありました。


マップおよび距離計算 Sport distance calculator

今日の発見はパロスバーデスはトレイルがあるとうわさには聞いていたのですが

今回始めて発見、2本ほど走ってみました。

これじゃぁマラソンじゃなくてエクステラだわ。

トレイルと言っても他人様のお宅の裏庭を走るような感じ。

この辺りは高級住宅地でございます。

裏庭にプールやテニスコートがあったりします。

丘の頂上にある邸宅、プールサイドからはロスが一望できます。

この丘の上に来るだけで1時間走りました。

”_| ̄|○”ハァハァハァ

↓↓↓↓↓↓↓今日も見に来てくれてありがとう!応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村

お金と趣味のつきない悩み

先週Torranceの旭屋書店で「ランナーズ」2009年8月号と9月号を各$1で入手。

いろいろ興味ある記事があったのですが、

その中で自分にとってのマラソンやトライアスロンの占める比重って

どの位なんだろうかと思った。


あるマラソン・ランナーのインタビューがありまして、

彼はもともと実業団で活躍していたのですが

競技者としてはリタイアしたのだが趣味として走り続けている。

彼にとってマラソンは家庭、仕事、マラソンの順番だと。


レースは年間2つしか走らない。

理由はそれ以上になると金銭的、時間的に負担になるから。

自分はとても納得できました。


ほとんどのランナーはプロじゃないし、走る事でお金がもらえるわけじゃない。

趣味にどこだけのお金を使えるかというと

その人のノメリコミ次第であります。


自分の同僚に50州のマラソン大会を走破した人がいるのですが

ちょっと計算してみました。((((((((((((((((( ・_ ・)

大会によって参加費は違いますが平均$70として

カリフォルニアから他州に飛行機で移動

安いモーテルに宿泊して8年かかって走破したと想定すると

参加費用 $70 X 50 = $3,500

交通費 $100 X 50 = $5,000

宿泊費 $100 X 50 = $5,000

用具 $100 X 8年 = $800

合計  $14,300

\(◎∠◎)/オウ〜ビックリデース


8年で$14,300を使ったことになります。

これを高いとみるか、安いとみるか。

ただしトライアスロンは参加費が3倍以上になります。

道具もバイクやウエットスーツがありますから数倍にはなるでしょう。

つーことは単純計算しても$25,000です。

\(◎o◎)/!


「お金には換算出来ない!」o(T△T=T△T)o

と言われる方もおいででしょう。

それは良いんじゃないかなぁ、と自分も思います。

お金の価値なんてその人の感じ方であって単に数字だけの問題ですから。


数年前に「50歳でリタイアして、あとは好きな事を好きな時にやれる人生にしたい」と目標を掲げましたが、2008年のリーマンショックでこの目論みもアワと消えました。

いつになったらお金の心配をせずに

好きなことを出来るようになる事やら…。 ( ̄_ ̄|||)


↓↓↓↓↓↓↓今日も見に来てくれてありがとう!応援ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村