人生初めての DNS

IMG_1053

今週末に予定していた初トレイル・マラソンですが、これまた人生初DNSに決めました。下見で走った時に痛めた膝の状態が悪く、始めは筋肉痛程度だと思っていたのですがどうやら靭帯損傷のようです。

ネットで調べると内側側副靭帯損傷ってやつで症状は第1度程度、歩行は出来るけれど痛みがあって膝を曲げるのに痛みをともなうって感じです。以前膝の軟骨剥離をやった時は立てなかったことを思うと全然軽いのですが、このままレースで22キロの山道を走ればさらに悪化して完治まで時間がかかりそうなのです。

足底筋膜炎も患っていたので痛みをかばうためにランニングフォームが崩れていたのかもしれません。楽しみにしていたレースですが仕方がありません。レースは年末にかけてもあるのでそれに向けて気持ちを切り替えていこうと思います。こんなこともあるよねぇ。

IMG_1054

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

XTERRA Malibu Creek下見ラン

2週間後に参加するXTERRA Malibu Creekトレイルマラソンのコースを下見に行った。公式サイトにはコース図はあったのだが高低差が出ていなかったので本番前に知って起きたかったのだ。

Screen Shot 2018-05-05 at 10.36.42 PM

前日から土曜日は気温が高くなることが予想されていたのだが、この日しか時間が取れないので歩いても良いから全コースを下見しておきたかった。先週食中毒で丸々二日寝ていたので脚力は落ちているのはわかっていた。

IMG_0965

IMG_0966

二代目HOKA One One Challenger ATR2

コース図にはいびつな四角形の赤い線が引いてあった。実際には大きなお山を登って尾根をしばらく走って降りるというコース。アメリカの国立公園で困るのは分岐点には矢印がほとんどない。何度も道に迷ってウロウロ、最後の2マイルは雑草がトレイルをおおってしまいどうしてもトレイルに戻れず一般道を歩く。

IMG_0967IMG_0968IMG_0970IMG_0971

スタート地点から数マイル進むと1972年から1983年まで放映されたTVシリーズ「M★A★S★H」の撮影現場に到着。朝鮮戦争時代の第4077移動野戦外科病院を題材にしたコメディなのだが、調べても声優の記載がないので日本では未放映だと思われる。

IMG_0976IMG_0978IMG_0979IMG_0982

気温96℉(35.5℃)でやることじゃないね。しかも給水出来るのはスタート地点とゴール手前2マイル付近のトイレのみ。1.5リットルの水では到底足りなくて、途中で出会ったMTBライダーに水を分けてもらった。

IMG_0991IMG_0993IMG_0995IMG_0998IMG_0999IMG_1003

スタート地点から一番遠い場所で出会った人間はたった二人だけ。この気温でこんな場所を走るおバカさんはほとんどいないよね。次の給水がどこになるのかわからないので出来るだけ水を飲まないようにしたら、軽い頭痛、筋肉の痙攣など脱水症状と軽い熱中症の症状が出てきたので走らずに歩くことに決めた。

IMG_1006IMG_1008

地図には駐車場と印があったので水道くらいあるだろうと予想していたら現地には何もなかった。このコースがきついのは一度トレイルに入ると最後までショートカットが無い。途中でバスに乗って帰れない。給水地点、トイレが無い。熱中症マジやばかったです。

IMG_1016IMG_1019

唯一コースの真ん中で尾根を渡る時だけ潮風が吹いていた。後は熱気の溜った盆地をめぐるようなコース取り。この日は気温が平均より20℉以上高かったのだが、レース当日は異常気温ではないことを祈るのみ。市街地から離れているのでマラソンのように氷を用意してくれるとは思えない。

IMG_1021

白藤?濃厚な香りでした

IMG_1029IMG_1030

後悔先に立たず、初めてのトレイル・マラソンはキツーイ思いをすることになりそうでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

2018年レース予定

お仕事が緩かったのでブログ村からいろんな選手の宮古島関連ブログを読みあさる。還暦になったら再挑戦する予定なので情報だけはアップデートしておかないとね。今年はかなり暑かったらしく宮古島常連選手も熱中症でDNFしたというリポート多し。宮古島は気温と向かい風が課題。

午前中に社内のトライアスロン・キャプテン会議に参加。今年はPlaya Del Ray Triathlonが弊社スポンサーのレースになることが発表された。例年のMalibu Triathlonもスポンサーは継続するが業務としての参戦はなくなった。Playa Del RayはLAXに近い海岸でおこなわれていたレースなのだが、主催者が病気で2016年以降休眠状態だったのを今年から弊社が再開させることになった。

Screen Shot 2018-04-25 at 2.13.33 PM
http://playadelreytri.com

スイムはあまり水質の良くない地域なのだが、バイクとランはほぼフラットな高速コース、自分のような重量級のバイクでも有利なコースっぽい。さて、これで今年のトレーニング目標が決まった。たぶんレース1週間前にもトレイル・マラソンをこなす予定。

2018年度のユニフォームは昨年の失敗を反省して、某ブランドにお願いする予定。楽しみジャー!

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

“If you build it, he will come.”

31069138_10211466789495947_7563234658516628351_n

Filed of Dreams: フィールド・オブ・ドリームス
1989年公開のこの映画をご存知だろうか。謎の声に導かれた貧乏農家の主人公が周囲の反対を押し切ってトウモロコシ畑を野球場にすると過去のベースボール・プレーヤーが呼び寄せられるというお話。

毎週土曜日の朝8時から参加していたOWSのグループSMOGが有料化となった。先週末に主催者のブライアンから年会費を徴収し、さらにサービスを向上するというアナウンスがあった。

もともとSMOGと知り合ったのは数年前に弊社のトライアスロン・トレーナーとしてスイムを担当してもらってからだ。以前は別のトレーナーと泳いでいたのだが問題が発生してブライアン、そしてTriStarのクリフと知り合いになった。二人ともまだコーチとして初めたばかりだったが、毎週末一緒に泳いだり、走ったりするうちに親しくさせてもらった。

Screen Shot 2018-04-24 at 3.32.53 PM

Bryan:スイムコーチ

Screen Shot 2018-04-24 at 3.32.24 PM

Cliff:トライアスロン・コーチ

そのうち毎週末集まってくる人数が増えてきた。以前はソーシャルネットワーク的な集まりだったのだが、あまりに人数が増えてきたので安全面や市に対して許可を取る必要が出てくるようになった。スポンサーを見つけて資金を確保したり、カヤックでスイマーの安全を見守る人間も必要になった。今はコンスタントに100人前後が参加するようなグループになったのだ。

以前から心配だったのは資金面だった。個人コーチをしていたのは聞いていたがそれほど裕福な訳はない、寄付を集めることはあったが会費はなかった。それがようやく会費を集めてトレーニングをすると言いだしたので、個人的には安心した。これで彼らも立派なプロのコーチとして生活が出来るのではないだろうか。プロのコーチとして生活することは並大抵ではないだろう、それでもこれまで彼らが築いてきた信頼やコミュニティによって有料化しても大丈夫だという判断なのだと思う。

この話を聞いたときにフィールド・オブ・ドリームスの言葉が浮かんだ。

“If you build it, he will come.”「それを造れば、彼が来る」

彼らのこれからの成功を祈るだけだ。

そして僕はこのグループに参加することをやめる。SMOGに参加する前は会社の同僚や、一人で泳いできたのだからまたそのスタイルに戻ることにする。自分が参加するレースもRedondo Beachではないし、土曜日の朝はダイビングに行くこともあるので、年会費を支払っても毎週末参加出来るとは限らない。残念ながら海で泳ぐのにお金を払うだけの余裕はない。

気温があがって浜辺が混むようになってきた。
トライアスロンシーズンも始まったのでロスの海は暑い季節の到来でR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

トレーニングは愉しく

野暮用で2週間ほど参加出来なかったOWS、久しぶりに参加。コンデションはサーフィン日和www 土曜日は気温がそこそこ上って寒くはないけれど、波はあるわ水温は低いわで海に入った途端に呼吸が苦しい。慣れるまで浮いて待っていると大波に揉まれて落ち着けない。沖に出ても透明度は全くなし、千切れた海藻が混ざって緑色の海水の中で泳いて周回中に他の参加者と2度ほど正面衝突。40分1.5キロスイム。

IMG_0880IMG_0881

3種タイムトライアルをやる選手を送り出してから一人トレイルへ。このあたりから気温が上がり出し夏のような日差し、恒例PVのトレイルを走り出す。30分ほどしてガーミンを確認すると、時間は経過しているのに距離は0ゼロのまま。GPSを補足する前にスタートボタンを押したのかと思い、再スタートしようとするがいつまでたってもGPSを補足しない、しないままスタート画面になってしまう。

IMG_0883IMG_0885IMG_0901IMG_0906

あちゃー、おまえもかぁ。
以前から心拍数が220とか、バッテリーが3時間しか持たないという問題が起きていたのだが騙し騙し使い続けていたのだ。最近ようやくGarmin 935XTが値引きをするようになってきたので購入を検討することに。ウェットスーツに続いて出費が続きそうだなぁ。

足底筋膜炎対策にインソールを変えてみたが、どうやら効果があったようで足裏に痛みはない。しかし筋トレ不足、運動不足で梨状筋と臀筋が痛い。上り坂に入るとテキメンに痛みがましてくる。焦らない焦らない、こういう時は歩いて良いのだ。無理に走らない、トレイルで新鮮な空気を吸い歩くことだって健康にも精神にも良いに違いない。無理をして怪我をしてはいけないのだ。

IMG_0895IMG_0897IMG_0892IMG_0894IMG_0889IMG_0890IMG_0920IMG_0907IMG_0917IMG_0909IMG_0918

トレイルや路傍の花、木々の光を楽しみながら歩く。季節柄様々な色や形のバラが満開になってきた。白バラの濃厚な香りがする。FBをみるとすごいトレーニングや距離を走っている選手が多いのに、こんなにのんびりトレーニングやっていて良いのかとも思うのだが、オレはこれで良いのだ、いつも愉しくね。

IMG_0915

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

TFCC損傷の経過

朝一番で右手首の診察を受けた。造影剤を使ったMRIの結果は靭帯損傷ということで手術を勧められたのだが、返事は保留して針治療の継続と4ヶ月後のアポイントをとってもう一度検討することにした。

Screen Shot 2018-04-23 at 9.35.24 AM

自宅に帰ってTFCC損傷の手術方法やリハビリにかかる時間、そして運動再開までの時間を調べると6ヶ月から9ヶ月になると書いてある。手術をしなけば回復には時間はかかるが自然治癒もありうるらしい。

別に手術は怖くはないが、回復までにかかる時間と運動制限が大きいので自然治癒を選択すると思う。手首をある角度にした時の違和感や若干の痛みはあるが我慢できる程度、痛みで眠れないとか日常生活に不便があるわけではないので痛みと共存することになると思う。

華麗なる加齢なのか、職業病なのかわからないが二十歳の頃に比べたら無理が利かなくなってきたということ、そういう諦め方もあるのかもしれない。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ウェットスーツ探しの始まり

前回の投稿で4代目のウェットスーツを注文したと書いた。翌週にはスーツが配達されたのだが残念ながら返品することとなった。今回はその顛末を紹介したい。

XTERRA Wetsuitはサンディエゴにある会社で、アメリカのトライアスロンレースでは良く見かけるブランドだ。エントリーレベルから上級者用まで幅広く商品展開をしている。近年は空気で膨らませるSUPの開発販売もしている。

自分の最初のウェットスーツがXTERRAだったので品質も分かっていたし、今回は前回よりも薄い素材、そして新しい機能「キャッチ・パネル」がついたというので購入を決めた。

volt

XTERRA VOLT

棚卸しセールで半額以下だったので一年落ちだろうと予想していたのだが、届いたスーツを見ると袖の色が違う。「キャッチ・パネル」が無いのである。自分の記憶が正しければ、同僚が2015年ごろに購入した「キャッチ・パネル」の代わりに凸凹の素材で水の抵抗をあげているモデルなのだ。

IMG_0812

Screen Shot 2018-04-12 at 11.11.57 AM

これがキャッチ・パネル、これで水を掴みやすくする

IMG_0813

袖が違うじゃん!

IMG_0814

ということは送られてきたスーツは2015年から2016年頃に製造された2、3年落ちのスーツの可能性もある。ご存知の通りウェットスーツの表面素材はネオプレンで石油化工製品、経年劣化で保存が良くても固くなるか、保存状態がわるければ熱や湿度で溶けてしまう。実際腕を通してみるとかなり硬いし、伸びた部分の表面がまだらに変色した、ということはかなり硬化が進んでいるらしい。

公式サイトを確認すると返品は指定されたメールアドレスに返却フォームをリクエストしろと書いてある。指示された通りにしても返信が無い。3回メールを送り、会社に電話をかけてメッセージを残したらようやく返事がメールで返ってきた。

その文面をそのまま転載する。

Akira,

Thanks for reaching out. The wetsuit that you received is the updated model. The original model with the green catch panels is being phased out. Your size must have sold through.

The suit you received is significantly more durable in these catch panels.

Kind regards,
XTERRA WETSUITS TEAM

簡単にいうと「当社が送ったウェットスーツはアップデートしたモデルでキャッチ・パネルは徐々にマーケットから消える。あなたが受け取ったモデルは前回よりも耐久性に優れている」というのだ。

公式サイトをみるとわかるのだが、エントリーレベルから上級モデルまでの全モデルに「キャッチ・パネル」がついているのに古い製品を送りつけておいて「こちらの方がアップデートしている」と強弁しているのだ。しかも謝罪の言葉のひとつもない、これって物を売る業者としてどうなのか?

もし彼らの主張が正しいとして黒い素材の方が耐久性が向上しているのならなぜ公式サイトでアピールしないのか?もしくは同様の説明を商品と一緒に送ってこないのか?

もうね、こうなると企業倫理の問題ですよ。製品うんぬんよりその態度が気にくわねぇ!ってなるのだが、先方はこちらが素人だと思っているので古い在庫製品を売りつけようとしてるとしか思えない。

定価の半分でも原価割れしないだろうし、送料はこちらもちなので返品されても自分たちには損はない。こちらは送料を支払わなくてはならないので損失なのだが、こうなると絶対に買ってやるもんかとなる。

というわけでウェットスーツは配達された翌日すぐに返品した。今シーズンは古いウェットスーツはを修理してしのぐことに決定、買うとしたら年末セールを狙うことになるだろう。自分の中でOrcaは良質の素材を使っているし、サイズも自分にあっているので鉄板なのだが値段があまり下がらない。ROKAも値引きのメールが送られてくるが、元々の販売価格が高いのと各パネルの接着が良くないとネットで批評されているので躊躇している。

4-5年は使うものなので200ドル程度の投資は仕方がないが、使い勝手の悪い製品を長期間使うのは嫌なのである。OrcaのS4はエントリーレベルなのに伸縮性が良く、肩や腕への負担が軽減したので出来ることならこのレベルの快適性は維持したい。

う〜む、ウェットスーツは探しの旅は始まったばかりなのでR。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村