Emergency Trauma Training

IMG_1371

先週の金曜日にEmergency Trauma Trainingを受講した。「トラウマ」を日本語に訳すると心的外傷となるらしいのだけれど、英語では一般的に「外傷」と言われるらしい。Fist Aidでは切り傷、擦り傷、打ち身程度の怪我に対処するトレーニングだが、今回は銃創に対する処置法を学んだ。

トレーナーはお馴染みの元サンタモニカ消防隊隊長のジェフさん。彼曰く「いままでこの手のトレーニングは消防隊やERがやっていたのに一般市民が受講しなくてはならなくなったという事に驚いている」そうだ。それほど学校や職場での銃器を使った襲撃事件が増えて対応せざるをえなくなっているらしい。

止血法もFirst Aidのようなガーゼと包帯を使った止血法ではなく、銃弾で空いた銃創(穴)を止血するトレーニングなので特殊な薬品を絞めこませた布を傷口に埋める。Clottingとは凝固させると言う意味。通常ならば包帯やあり合わせの布を使った止血帯も、緊急キットにはいっている止血帯は警察や軍隊で使っているレベルの物。

IMG_1372

銃弾が肺を貫通した場合を想定したHalo Sealsというパッチの使い方を学んだ。胸部に銃弾があたった場合、肺に穴が空くと空気が傷口から外へ逃げてしまうので肋骨の内側の肺はしぼんでしまう。応急処置として特殊な接着剤を塗った大きなパッチを銃弾の入り口と出口両方に貼る。患者は横にせずに上半身をたたせて保持する。そうすることで肺呼吸が続けられるというのだが、実際血だらけの被害者に処置できるのかどうか不安。

トレーニングは受けたけれど、できる事なら実際に使う機会に遭遇しないことを祈るばかり。ちなみにアメリカの空港にはAEDと緊急処置キットが相当数配置されているらしい。学校や職場、ショッピングモールでも乱射事件が増える一方なので人混みの多い場所への不要な外出はつつしむようにしたい。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

夏の一日

熱波もようやくピークを過ぎたのか、湿気も低くなって日陰に入ると過ごしやすい。以前は昼食後に15分程度の仮眠をとっていたのだが、身体の糖化が進行するというおそろしい情報番組を観たので以来会社のまわりを歩くことにしている。日陰を求めて立体駐車場内を歩いていると風向きが西に変わっていた。西は海側なので東の内陸から吹く風に比べて10℉ほど低いように感じる。外には上半身裸のオッチャンが自転車を走らせていた。

IMG_1363

先週から続いた熱波の影響で、夕方になると家の前のプールがいっぱいになる。学校が夏休みなので親子連れでプールを占領していた。仕事を終わって帰宅すると暑さがやわらいだおかげで誰もいない。そそくさと水着に着替えてプールに飛び込む。30分ヒモに繋がれて泳いだ後にプールサイドで筋トレ、そしてさらに30分泳いだ。

IMG_1364IMG_1367

空は薄っすらと、うろこ雲におおわれていた。

IMG_1369

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Happy July 4th!

7月4日はアメリカ建国記念日で祝日。
前日の波予報を見ると海は穏やかそうだったので久しぶりに潜りに行こうかと考えていたのに、夫の不穏な思惑を感じたのか妻より「どこかハイキングに行きたい」とご所望。夫の海遊びの予定はあっけなく山歩きになったのである。

バイクトレーレングの途中で見つけたパロ山にあるトレイルに行くことに。前日のうちの地図を印刷しておいた。トイレは出発点の簡易が一つあるだけ、どうもアメリカのトレイルはこの辺の整備が良くないのよね。結構な人がくるのだからもうちょっと綺麗にしたら良さそうなものだが。

Screen Shot 2018-07-05 at 12.22.16 PMScreen Shot 2018-07-05 at 12.22.33 PMIMG_1327

かなり人が多いことが予想されたので9時前に到着、案の定、路駐スペースの7割程度は埋まっていた。ちゃっちゃっと準備して歩き出す。低い草木の生えるトレイル、土質はかなり細かくて歩くと砂埃がひどい。部分的には砂だったり岩だったりするのだかほとんどが小麦粉くらいの粒子の砂におおわれている。

IMG_1319IMG_1315IMG_1321IMG_1323IMG_1333IMG_1325

丘の上から海岸線に出ることも可能らしいので次回は軽食を準備して、半日コースに挑戦して見たいと妻から要請あり。こちらも膝の調子が悪いので秋くらいに実現出来るかしら?

ハイキングの後自宅に戻り夕食の準備。今夜はロブスターの蒸し焼きと野菜たっぷりのクスクス。減量中だがふたりで缶ビール1本だけ空ける、それくらいは許して。

IMG_1334

冷凍しておいた海老ちゃんを中華鍋で蒸し焼き

IMG_1336

身がぎっしりで美味しゅうございました

IMG_1339

クスクスとプチトマトが合うね

夜9時から地元の花火の打ち上げを数年ぶりに観ることにしたので8時に家を出て会場近くのショッピングモールに隣接された5階建ての立体駐車場へ向かう。会場周辺には通行止めになっていたり、狭い場所に大勢の観客が見込まれたのでここは穴場だと踏んだのだ。

予想通り屋上からの眺めは良かった。周辺の街の花火大会の光が水平線を染めていた。それにしても弱小市の予算が無いのか、かなりショボい花火大会。最後の25秒だけ撮影した。日本の豪華な花火大会が懐かしい。シドニーだってシドニー湾周辺の都市が共同で打ち上げるのでかなり豪華なので、このわずか18分程度の花火大会は寂しい限り。

夏の始まり。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Baldwin Hills Scenic Overlook

嫁がハイキングに行きたいと言うので「1時間コース」と「3-7時間コース」の二択を与えたら「1時間コース」を即決。土曜日の朝Culver CityにあるBaldwin Hills Scenic Overlookという州立公園へ行って来ました。

ここは元Universal Picture、現在はSony Pictureのあるカルバー・シティーという街の端っこにある丘に作られた州立公園。初めて訪れましたがほとんどのハイカーが路上駐車、もちろん有料の駐車場もありますよ。LAXから車で15分程度、それほど高くはない丘の上に短いトレイルがありました。

頂上からの眺めは建物ばかり、丘の裾野からSony Picture周辺には映画の街らしく撮影スタジオが幾つも並んでいます。この辺りは映画関係者や役者の卵、サンタモニカに仕事を持つヤッピーが住んでいるらしいです。

市街地に近いので家族連れや、お年寄りも来ていてかなりの賑わいでした。雲が切れて暑くなる前にきりあげました。ちょっと物足りないハイキングでした。

膝は痛くなりませんでしたが、やはり脚の筋力が落ちています。トレーニング量が激減しているので体重も増えてレッドゾーン確実。膝の負担を考えるとまずは減量しないと10月のトライアスロンレースに向けて走り込みもできなさそう。ヤバイねぇ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

夕暮れまで

右膝内側の痛み(鵞足炎らしい)はかなり改善してきたけれど、正座をするとまだ痛い。
やれるのはスイムと筋トレ程度、たまには外を歩きたくなっていつものトレイルを散歩。
気温が下がって昼間の暑さが嘘のようだった。

トレイルで発見した花たち、クリックすれば拡大されます。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ポートフォリオ

デザイン学校に通い始めて先生から最初に言われたのが自分の作品集(ポートフォリオ)の重要性。「ちゃんとしたポートフォリオを作らないと就職出来ないぞ」と脅された。

ボクが社会人になったのがバブル期、当時は2年おきに転職した。広告業界とかデザイン業界というのは流行りのカタカナ職で人気の商売だったのかも知れない。残念ながらボクはそんな恩恵に預かることはなく連日安い給料で残業をしていたのだ。

グラフィック・デザイナーになってからは印刷された自分の作品をまとめたポートフォリオを抱えて転職活動をした。新聞の全面広告となると大きなファイリングブックが必要で、転職するたびにその量は増えていった。

最近、探し物をしていたら古いポートフォリオを開く機会があった。埃を被って膨らんだ黒いフォリオブックのページをめくりながら昔の拙いデザイン力に恥ずかしくなった。そろそろ捨ててもいい時期だなぁと感じた。

オーストラリアに移住してからはデザインをする際に使っていた三角定規とロットリングペン(古い!今では死語か?)はコンピューターに取って代わったが、それでも印刷物に愛着があったので従来どおりのポートフォリオだった。

しかし、アメリカに移住してからはデザイナーからプロダクションに転職したので、職業もデザイナーでさえない。転職にはラップトップを持って出かけるか、事前に自分のウェッブサイトを伝えれば相手は勝手にボクの作品を閲覧できる。それに55歳で転職など出来るわけもないので印刷物をまとめたポートフォリオは必要さえないのだ。時代の流れって早いねぇ。

今日は自宅勤務だったのでちゃっちゃとポートフォリオをゴミとして出してしまった。人によっては自分の過去の作品を捨てられない人がいるらしいが、ボクは過去の作品を眺めることは滅多にない、愛着すら無いと言ってもいい。広告デザインというのは時代によって変わるものだし、クライアントのために作るもの。自分の個性よりも「売れる」広告が優先される。だから仕事に関してボクは意識的に「無色」になることを目指した。デザイナーが強い個性で売れるのはほんの一握りだ。

最近デザインをして嬉しかったのは宮古島トライアスロンのポスターだけだ。あれはクライアントではなく、自分の好きな絵を描いて採用してもらったからだ。ただし、あの作品でさえ2度と見ることはない。だって面白いのは次の作品を作るプロセスなんだもの。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

好奇心と探究心

20170401_080437

イチローの「野球の研究者でいたい」という言葉に共感した。

ボクはプロのアスリートでもなければ、トップ・エイジ・グルーパーでもないのだが自分の身体に起きる変化に対する「好奇心」と、それにどう向き合っていくかという「研究心」はあるつもり。

ちょうど「加齢」に関してブログを書こうと思っていたら室谷氏が先ご自身の更年期障害について書かれていた。たしか室谷氏とは同い年か、一歳違い程度だったと思う。ボクも数年前に更年期障害をわずらった。肉体的にも精神的にも今までの体調とはブレが大き過ぎて「これは厄介なことになっちゃったなぁ」と思った。

室谷氏は日本のトライアスロンでは常勝組だしIM Konaにも参戦されるほどの選手なので彼の求めるパフォーマンスと自分のそれでは比較にはならないのだが、同じように更年期障害に悩むってところは同じなのね。

さてさて、ボクはといえばどんなスポーツをやっても「下手のヨコ好き」にもならない程度。それほど上を目指しているわけじゃないのだけれど、ここ数年で疲労回復が目覚ましく落ちている気がする。以前なら筋肉痛が起きるほどのトレーニングをやっても翌日にはまた負荷をかけることが出来たのに今年は痛みがなかなか治らなかったり、筋肉の張りが取れないのよ。

去年末から職業病の一部である右手首の痛みが取れず、結局6ヶ月近く治療して手術をすることになるかもしれない。しかも職場での怪我なのでそれ専門の病院と保険会社とのやりとりもあって簡単には行かない様子。自己責任ならば良い医者を探して治療してもらうのだが、どうも中途半端なところなのだ。

そして3週間前にレースコースの下見で膝を痛めていたのに、トレーニングを続けていたら翌週には膝が曲げられないほど腫れ上がって最悪のパターン。数日前まで寝る時に脚を伸ばすことが出来なかった。まぁ、最初の段階で治療を始めてもレースには間に合わなかったと思うし、トレーニングをせずに完走出来そうなコースでもなかったのでこれは自分の不届きを反省するしかない。しかし22キロの山道を走った(歩いた)くらいで膝を痛めるなんて情けないったらないね。

強度を上げるよりも、怪我や故障をしないこと。疲労回復、体力回復を優先すること。他人のトレーニング量や強度は参考にはするけれど自分の体力に合っているのかは別。同年代のアスリートの中には兵庫の今井氏や前記の室谷氏のようなスーパーアスリートもいるので、加齢が遅くなるという理由にはならない。それに群馬のあつめし氏のように還暦を超えてもトライアスロンという競技を楽しまれている御仁もいらっしゃる。

優勝を狙うような選手なら別だけれど、競技を長く楽しむなら体調を整えることが優先されると思うんだなぁ。数ヶ月前食中毒だと思った病気も、手の抗炎症薬の長期服用で弱った胃に大量のアルコールを飲んだことで急性胃炎か急性大腸炎を起こしたのかもしれないと気がついたんだよ。これも若い頃は平気だったようなアルコール量だったのにいつのまにか弱くなっていたんだよね。

でもね、ちょっとづつ変化していく身体の変化を「老化」だとあきらめる気は全くない。それに合わせたトレーニング量や栄養摂取を研究していけば良いんだよね。日本人男性の平均寿命は80歳、うまくいけばあと24年くらいは生きる可能があるんだぜ!生きる可能性があるなら健康で食事制限を受けないままで過ごしたいよねぇ。

今年は怪我や病気が多い年なので上記のようなことをつらつら考えていたのさ。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村