Mt. San Antonio初登頂

三連休、しかも嫁が不在なので以前から興味があったMt. Baldyに登って来ました。ロスに来たことがある人、もしくは在住の方々にはお馴染みのこの写真。

mountains-behind-la-740x216

ロスのビル街の後ろにそびえるのがAngles National Forestと呼ばれる国立公園、その東の端に位置するのがMt. Baldy正式名称はMt. San Antonioという山です。この山がこの周辺では一番高い地点です。

Screen Shot 2018-01-15 at 2.40.06 PM

今回のトレイルマップ。ループなので駐車場から出発して反時計回りに歩きました。

mt-baldy-hike-elevation-740x339

この週末はサンタアナ風(フェーン現象)が吹くというので気温が平均気温よりも15-20℉高くなるという予想でした。いくら南カリフォルニアでも3,000メートルを越える山には積雪がありますが、気温が高ければ春装備での登山が可能です。

もし興味があれば詳しい登山ルート情報はここでご覧ください。
HikingGuy.com

朝7時起床、8時に出発して9時現地到着。1日駐車許可パスを5ドルで購入して登山開始。麓の気温は60℉程度だったのでフリースを着用していましたが、出発して直ぐに脱ぎました。長袖のテックシャツと夏用登山用パンツにトレイルラン用シューズという出で立ち。

IMG_0323IMG_0332

トレイルの最初1キロは中腹にあるスキー場に向かうリフトの整備用道路を歩きます。そこまでは単調な登りですが、そこから坂が急勾配に変わります。春夏はハイカーがたくさんいるのでしょうが、今日は数える程しかいません。前を行くハイカーについていくと急なガレ場を進んでいきます。後でルートガイドを再確認すると、ここは別のつづら折りのルートが正解だったようです。

IMG_0325

スキー場のカフェ

ここで猛烈な睡魔に襲われます。歩き出して1時間半ほどで空腹感もなかったのに坂を登りながら眠ってしまいそうだったので岩に腰掛けて休憩、チョコレートと携行食を食べたら急速に意識が戻ったので低血糖だったのかもしれません。

IMG_0337

途中までスキーリフトもありますが、ここまで車椅子で来たことがすごい!

途中で車椅子のハイカーや、両足義足で特殊なポールをついて歩くハイカーに遭遇。周りのサポートもあるのでしょうが、ちょっと驚きました。それに中型から大型犬と一緒に登ってくる人が多いですね。所々狭くなっている箇所やトレイルが崖崩れでふさがっている場所もありました。

頂上から降りてきたハイカーは冬装備で靴は登山靴、頂上付近ではチェーンスパイクや軽アイゼンをつけている人がほとんどでした。自分が登って来たルートは東南向きで雪がほとんど無かったので、きっと頂上は雪に覆われているのだろうと想像できました。

IMG_0343

ここはDevil’s Backboneの入り口、この先さらに尾根が続きます。

途中Devil’s Backbone(悪魔の背骨)と呼ばれる尾根を歩きます。左右両側が急勾配のガレ場で足を踏み外せば、数百メートルは落ちて行く者を止める物が無い場所です。自分は高所恐怖症なのになぜこんな場所を歩いているのか不思議ですねぇ。

IMG_0355IMG_0359

予想したとおり頂上は銀世界、冷たい風が吹き付ける場所でした。思った以上に広い頂上にはハイカーが記念写真を撮りあっていましたが、彼らの言語が英語だけではありませんでした。気が付いただけでもロシア語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、韓国語、フランス語でしょうか。

IMG_0357

遠くに黄色に光っているのが大平洋、カタリナ島が見えます。

下りはBaldy Bowl Trailというルートですが、こちらの方が急勾配、しかも西北側の斜面なのでルートの半分が雪に覆われていました。これですれ違ったハイカーのほとんどが冬装備だというのがわかりました。もしこれがトレイルの最初だったら諦めていたと思います。下りはシャーベット状の雪がかなりの距離を占めていました。

IMG_0367

時々立ち止まり周りの音を聞いても何も聞こえません。夏は鳥の声が聞こえましたが今は静寂だけが森をつつんでいました。歩き出せば自分の足音と荒い息づかいしか聞こえない。日常の生活に疲れたらこういう環境に浸ってリセットするのが必要なのかもしれません。

IMG_0380IMG_0375

冬の日没は午後5時前、森がどんどん青い影に覆われていきます。万が一の為にヘッドライトは準備してありましたが、日没前に下山したいのでスピードをあげます。想定通り7時間で終了、同時にガーミンのバッテリーも尽きてしまいました。

ガイドには水3リットルが必要とあり、自分は2リットル準備しておきましたが、今回は1.5リットルでも余りました。夏は異常に暑くなる場所なので3リットルが妥当なのでしょうね。登山の難易度は高いと書いてありましたが、その通りだと思います。

ルートの標識も少なく、トレイルなのか雪解け水が作った溝なのかわからない箇所が多かったです。あわよくばトレイル・ラン?などと思って登り始めましたが、走れるような場所はあまりなく、狭く崩れやすいガレ場を根気よく登る登山でした。

以前この先のIce House Canyonを登りましたが、そこでは鹿と遭遇したり野鳥の声が聞こえたので機会があれば再度登ってみようと思います。もちろん他のルートが沢山伸びているらしいのでその辺も探索してみたいと思います。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

広告

2018年トレーニング初め

土曜日の朝7時半にレドンドビーチ集合。SMOGの今年最初のOWS、参加者が減るかと思いきや、結構な人数が来ていた。南カリフォルニアとはいえ、1月の海は冷たい。夏に比べて透明度は高くなるが水温は徐々に下がって2月くらいが一番冷たくなると思う。

IMG_0262IMG_0263IMG_0264

今朝は沖に設置されたブイを回る400メートルのスイム、その後砂浜で400ラン、これの繰り返し。先週はアシカ君がサーフィンをしていたが、今朝はブイを設置している時にイルカの一家がゆっくりと横切って行った。

コーチから来週は「Polar Bear Plungeだからね」というアナウンスがあった。このクソ寒いにウェットスーツ無しで泳ぐということだ。いつもは監視専門のコーチも参加するという。来週休もうかな?www

スイムの後は冷たいシャワーを浴びてランニング。1月21日に開催されるトレイルマラソンにSweeperのボランティアとして応募した。Sweeperというのは参加者たちの一番最後の選手たちの後ろから距離を示した旗を回収したり、万が一ゴミなどが落ちて入れば回収する。もちろん怪我や故障をした選手を本部に報告することも必要らしい。

ところが3ヶ月ほど怠惰な生活をしてきたので本当に出来るのか心配になってトレイルを走ってみることにした。本番は6キロと21キロのレースなので目標は21キロ。いつもバラバラに走っているトレイルをつなげて一番長そうな距離を走ってみることにした。

最初の5キロ程度は自分でも意外なくらい足が前に進む。ところがトレーニング不足というのは後半からじわじわ効いてくるらしく10キロあたりから坂道が辛くなる、15キロでヒラメ筋がピキピキと痙攣を始めた。

こうなるといつ激痛が来るのかわからないので歩き始める。結局18.3キロで終了、高低差は431メートルなので本番と同程度。

早速ボランティア・コーディネーターにメールを打っておいた。「6キロコースでお願いします。」

IMG_0265IMG_0269IMG_0273IMG_0271IMG_0288IMG_0280

ジムでシャワーを浴びてから自宅へ戻り、ウェットスーツなどを洗って昼食を食べたのが3時半。もう疲れて何もできずにメールとFBをチェック。睡魔に襲われて気を失いダイニングテーブルで眠り込んでしまった。夕食を7時に食べたら全身疲労でベッドに、11時に起きてこの記事を書いています。明日の筋肉痛が怖い。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

奇妙な夢を見た。

a57b12d2-b179-4327-aa68-0aeb907b3b75

なぜか自分は五島の海沿いの小高い山の崖っぷちに立っている。
カメラを首から下げて海の写真を撮っていると、
その崖の端に亀裂が入ってくる。

危険を感じて後ずさりした瞬間
今までいた自分が立っていた場所の土が崩落していく。

どんどん後ろに下がるのだが、崖が崩落するスピードが早くて
とうとう自分も崩落に巻き込まれてしまう。

崖と一緒に落ちながら「これで最後か」と思うのだが
崩れた土砂に巻き込まれることなく
最後にはその土砂の上に立っているのだ。

事故の後も以外と冷静に「助かった」と思いながら崩れた崖を見上げる。
そこで眼が覚めた。

気になるので夢判断で調べてみると意外な暗示がでた。

落下しても上手に着地する夢

「崖の夢は不安や恐れを表わし目前の障害や困難を表わしています。
限界ぎりぎり・後が無い・窮地に追い込まれ頭から離れない悩みや、どうする事も出来ずに解決の手段は祈るか諦める意外無いという状況や、境遇を意味しています。夢の印象が悪ければ更に悪い事を意味します。

しかし、乗り越えれば新天地が開けると言えます。
また『崖』のイメージからは予想しにくい事ですが、あなたの人生の頂点とも思われることがある予兆としても解釈されます。
しかし、気分が舞い上がって失敗し転がり落ちる事も意味します。
いずれにしても物事が大きく移り変わろうとしている大切な時を表わしています。

今まさに立っている足元の崖が崩れてしまう場合、夢占いでは突発的なトラブルや事故に巻き込まれる可能性が高くなっていますので注意が必要です。

落下しても、怪我もなく両足で無事に着地できたり、自分でも驚くほど上手に着地することができたら、何らかの困難や問題が起きても、うまく切り抜けられたり、自分が思ったよりもスムーズに物事や問題が解決できることを暗示しています。」

あなたは自分の「夢」を覚えていますか?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

始まりました2018年

新年明けましておめでとうございます。

久しぶりの独身生活、映画鑑賞と酒三昧の三日間でした。東京喰種トーキョーグール、Alien: Covenant、Stronger、 The Foreignerを立て続けに観ました。

大晦日に海老漁に出ましたが久しぶりの坊主。そのかわり海中で面白い事件に遭遇しました。いつものポイントで結構良いサイズの海老ちゃんを発見、奴のいる岩穴を覗くと右側に大きな黒い魚が同居していました。ところが海老ちゃんの後ろは鉛色の壁なのです。ライトを当てているとその鉛の壁が動きだし、壁だと思ったのは凶暴な面構えのウツボだったのです。そいつがこちら見てけん制しているのです。

海老ちゃんは時々用心棒と同居している時があります。それは小型のサメだったり、トゲトゲのウニが門番をしているのですが、ウツボは最強の用心棒です。こ奴がいると海老ちゃんの天敵であるタコも人間も近づけません。

なんとか海老ちゃんを追い出せないかとライトの光で海老ちゃんを刺激してみるのですが、奴もジリジリと後ろに後退するばかり。ところが後ろにはウツボが抜け道を塞いでいるので逃げられない。そうこうしているうちにイラついたウツボが突如同居人の魚に噛み付いたのです!

ウツボも海老ちゃんの甲殻の硬さを知っているのか、押してくる海老ちゃんではなく何の罪も無い魚に噛み付いたようです。可哀想な魚は狭い穴蔵で暴れ出したので突如目の前は砂が舞い上がって真っ白に。砂が潮に流されて穴蔵の奥が見れるようになった時には既に全員逃走していました。獲物は逃しましたが珍しい行動を見せてもらいました。

それにしても海老漁、前回も2匹しか獲れなかったし今季の海老シーズンも終わりかもしれません。解禁時はライトを当ててもボーと眺めていた海老ちゃん達もこの頃は光を見ただけで逃げ出すようになりました。それに獲っても良いサイズの海老ちゃんも少なくなったので、次の漁は3月からの大ヒラメのシーズンでしょうかねぇ。

元日の午後、このままでは一度も運動せずに終わっちゃうとそそくさと準備をしてPVのお山のトレイルへ行きましたが駐車場がいっぱいで入れず、仕方なく海岸線へ。初日の出は見れませんが綺麗な夕焼けを満喫しました。

IMG_0191IMG_0199IMG_0218

年初からこれでは2018年はグダグダな年になるという予感がします😅。

今年もお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

聖夜に想ったこと

ここ数年クリスマスは小さなグループで迎えている。どちらかと言えば金銭的にも社会的にも恵まれていない、社会の隅っこで生きる人たちと一緒にクリスマスを過ごしている。

55歳のボクが子供の頃、新潟の小さな田舎町では「貧乏」が普通だった。昨今の相対的貧困ではなく絶対的貧困だった。戦後20年が過ぎても地方の町は貧乏が普通、周りの子供だって同じようなものだった。

ボクの父親は豪農の次男坊、家は裕福だったが農家の次男は家を継ぐことは出来ないので小さな町工場で働いていた。母の実家は宮金職人、神社仏閣の飾りを作る職人だったらしい。母は兄弟姉妹5人の長女だったので口減しのために中学に行く頃から丁稚奉公に出された。まるで「おしん」のようである。ちなみに中学時代の同級生にジャイアント馬場がいる。

共稼ぎだった両親は実家で剣山を作っていた叔父のところに預けることがあった。朝食はきまって薄いおかゆと塩、梅干しもあっただろうか。おかずの記憶がないということは食卓にのぼらなかったのかもしれない。

images

昭和40年代当時の我が家は風呂なしの4畳半と6畳二間の長屋暮らし、隣の家とはベニア板一枚で仕切られた絵に描いたような貧乏長屋だった。以前は石炭小屋だったのを大家がアパートに改装したのだと母親から聞いたことがある。こんな貧乏長屋はテレビや映画の世界にしか残っていないのだろうな。これだってまだマシな方で結婚当初は線路脇の3畳しかないアパートに住んでいたらしい。

お風呂は夏には玄関のたたきで行水、冬は歩いて15分ほどの銭湯に通った。隣の家が内風呂をつけてからはその家の同い年の男の子と一緒に風呂を使わせてもらうこともあった。真冬のシンシンと雪が降る夜に母親、兄と一緒に銭湯に行くのだが長い帰り道で温まった体がすっかり冷えてしまうのだ。後年かぐや姫が歌った「神田川」を聞いて実体験と重なった覚えがある。

5f6ef413

当時長屋の子供はどこへ行っても分け隔てなく晩御飯を食べたり食べさせてもらっていたような記憶がある。もちろんごちそうなどはないけれど、白飯、コロッケ一個とお味噌汁だけでも美味しかったのだ。

新しい服など買ってもらった記憶がない、ほとんど兄のおふるか母親が仕事先の同僚からいただいてきたおふる。ズボンは膝あて、上着もを肘の部分は繕って着ていた。それが普通だったので自分が貧乏だと気にしたこともなかった。ファミコンもプレーステーションもない、遊びはベーゴマ、ビー玉と空き缶があれば十分だった。

157562180_624

さてクリスマス・パーティーは僕ら夫婦を含めても5人だけ。ロスの片隅で暮らす、職種も年齢もバラバラな人間が集まった。奥様が蒸発して小さな子供二人を男手一つで育て上げた元駐在員の75歳男性。乳飲み子を夫に無理やり奪われて離婚に追い込まれ30数年後に息子と再会を果たして新しい家族の歴史を作り始めた50歳代の女性。いろいろな人生があって何が不幸なのか、何が幸せなのか考えさせられた夜だった。

今ボクはご馳走を食べたり高いお酒を呑むことが出来るようになったけれど、ボクの根っこは「貧乏な庶民」なんだ。それ以上でもそれ以下でもない。金持ちを装う必要もなければ羨む必要も無い。身の丈に合った生活をすれば良い。キリストの生誕とは全く関係なくて申し訳ないが、聖夜にそんなことを考えさせられました。

注:全ての写真は昭和40年代の日本の子供達の写真です。ボク個人の写真ではありません。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

トレイル・ラン、体重が重すぎてツライ

いまだに山火事の鎮火していないロスですが、今朝はグッと冷え込んで寒い朝。SMOGのグループスイムもそろそろ年内最後になりました。頑張って海岸へ行くと結構な波、サーファーがたくさん波待ちをしているのが見えました。

先週は古株のメンバーが引越しちゃうと言うのでかなりの人数でしたが、今朝はちょっと少なめ。やはり今朝の気温で泳ぐ気になるのはかなりの強者。波に揉まれ冷たい海水に震えながら泳いでは砂浜を400メートルほど走ることを繰り返す。

25443130_1630863096956479_7395559687118239629_n25446233_1630863136956475_3724984956521643256_n25348318_1630863340289788_3452389379290377717_n25443231_1630865560289566_1687918540012932003_n

その後のグループ・ランは長距離コース、終点は半島の突端にあるレストランでランチを食べてウーバーで帰ってくると言うもの。しかしおいらは午後の予定があったので別行動、トレイルを往復することにしました。

IMG_0147IMG_0145IMG_0156IMG_0159IMG_0146

この山側のトレイルは一人がやっと走れる道幅しかないです。おまけに谷側には杭も縄も張っていないので足を踏み外すとかなり下まで滑落する可能性あり。ちょいと動画を撮ってみました。

このトレイルを何度も往復しているランナーに遭遇。そうなのです、このルートを往復すれば5月のトレイル・マラソンのトレーニングになるんじゃないか?家の近くにお山があるじゃない!

体重が重すぎてツライ、暴飲暴食の季節なのでドテドテ走っております。

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

痛飲night

昨夜はロスのおやじアスリートの皆様と日本からいらしゃったジョージさんを囲んで久しぶりに痛飲。ツールド沖縄に参戦されたヒロシさんからは過酷で刺激的なロードレースの体験談をうかがい。神戸マラソンに参戦されたジミーさんからは、来年のIMレース挑戦宣言をうかがいました。

IMG_0141

IMG_0142

今回は自宅近くの飲み屋ということでママチャリで出勤。普段は運転しなくてはならないのでビール2杯程度を呑んだら後は水に切り替えるのですが、昨夜は夜7時半から11時くらいまで4人(ジョージさんは日本帰国のために途中抜け)で焼酎2本空けてしまいました。あ、これも怪しいな…記憶に無いwww

IMG_0143

帰り道はどの道を通ったのか覚えていない。どこかでコケた記憶があったのですが怪我はしていない。朝心配になってガレージに降りてみるとちゃんと自転車があって安心。ところが良く見るとハンドルはよその方を向いているし、後輪の軸がズレてタイヤが動かない。どうやって帰ってきたのやら…記憶に無い。

酩酊した時の失敗は若い頃に散々やったのですが、最近は家呑みばかりなので油断していました。車じゃなくて良かった、他の車に轢かれなくて良かったと胸をなでおろしました。やべー、やべー、怖いね酔っぱらい。今朝メールをチェック、酔った勢いでIMレースに申し込んだなんてことは無かったようなのでこれもセーフでした。

すっかりお酒に弱くなったなぁと実感した夜でした。

ところで皆さん無事に帰宅されたのでしょうかねぇ?

あなたの一押しが僕へのはげましです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村